So-net無料ブログ作成

スポーツ仲裁裁判所、カーターの申し立て棄却=北京五輪リレーで日本は銀に

スポンサーリンク




 【ロンドン時事】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は31日、2008年北京五輪の陸上男子400メートルリレーで優勝し、その後のドーピング再検査で失格となったネスタ・カーター(ジャマイカ)からの異議申し立てを棄却したと発表した。

 ジャマイカ・チームのウサイン・ボルト、アサファ・パウエル、マイケル・フラーターの金メダル剥奪も確定し、銅メダルだった日本(塚原直貴、末続慎吾、高平慎士、朝原宣治)は銀に繰り上がることになる。 
(この記事はスポーツ総合(時事通信)から引用させて頂きました)

★あのプロトレーダーによる  3ヶ月の本格投資スクールが  今なら「全編無料」でもらえます。
















nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。