So-net無料ブログ作成

今季の球宴は「オールスター」ではなく「オオタニ・スター」になる?

スポンサーリンク




 米大リーグのオールスター戦を約2カ月後に控え、快進撃を続けるエンゼルズの大谷翔平(23)に米メディアが熱視線を送っている。20日の登板で今季4勝目(1敗)を挙げた右腕に対し、下にも置かない論調が目を引く。「二刀流のオオタニはどんなプレーをするのか-」。すでに球宴出場が決まったかのような記事も見られる熱狂ぶりだ。(佐竹修仁)

 「このままの状態が続けば、当然オールスター戦のア・リーグの一員に入る。大谷にとって、このことはエネルギーにもなり、発奮材料になるだろう」

 スポーツ専門紙「スポルティング・ニューズ」はこう指摘した上で「どこまで衝撃を与えてくれるのか」と驚きを交えて報じた。また、エンゼルスのソーシア監督の言葉を借りて「大谷は過去のどんなメジャーリーガーとも違う。比較できない存在」だとしている。

 MLBの公式ホームページ(HP)の担当記者は、オールスター戦の前日に行われるホームラン・ダービーに大谷が登場することを前提に取材中という。

 きっかけは、今月8日にロッキーズの本拠地デンバーで行われた打撃練習だ。標高1600メートルの高地で飛距離が出やすいとはいえ、大谷は3階席まで運ぶ150メートル級の大飛球を連発。ロッキーズの選手や、ファンからも喝采を浴びた。ベーブ・ルースを超える勢いに目を離せない状況だ。

 スポーツ専門サイト「ラリー・ブラウン・スポーツ」は最近、「球宴に今年初出場となるだろう10人」の特集を組んだ。その筆頭は「エンゼルスのショウヘイ・オオタニ」だ。

 「オオタニがオールスターに出場するかどうかは、もう質問にもならない。ファンにより、試合の先発に選ばれるだろう。あとは二刀流をどう扱うかだけ。投手でも打者でも先発できる能力を持っていることは明らかだ」と指摘。大谷は別次元の人というわけだ。

 球宴は7月17日(日本時間18日)、ナショナルズの本拠地、ワシントンのナショナルズ・パークで行われる。投手か野手か。あるいは両方なのか。論争が続きそうだ。
(この記事は野球(産経新聞)から引用させて頂きました)

★FXに興味がある人は  今すぐ確認してみてください。  伝説のFXトレーダー主催の  オンラインスクールが遂に募集開始です。












nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。